妊娠中のママ必見!赤ちゃんにもママにも嬉しい「マタニティスープ」とは

妊娠をしているとママが食べたものが赤ちゃんにも行き渡りますので、ママが何を食べるのかという事も非常に重要となってきます。

ママが食べたものが、そのまま赤ちゃんに影響を及ぼしているので、ママの体はもちろんですが、お腹の中にいる子に対しても栄養のある食事を心がけていきたいものです。

そんな中で注目されているのがマタニティスープと呼ばれる食事ですが、ここでは妊娠中の方に最適な食事であるマタニティスープとはどういったものなのかご紹介していきます。

まず初めに妊娠中の食事には、どのようなことに注意をした方が良いのかというところから見ていきましょう。まずは昔から言われていることですが、2人分の食事をしっかりと食べた方が良いという事ですが、とは言っても過剰に食べるのも良くありません。

こちらの記事もご覧ください
意外とむずかしい出産祝い選び!正直いらなかったものは?おすすめは何?

大切にしておきたいことは、量ではなく栄養価の高い食事をする事です。そしてできることなら低カロリーな食事を心がけた方が良いでしょう。

ですので、食事の偏りには注意が必要なのですが、特に注意したいことはタンパク質の摂取になります。これはアレルギー予防の観点から言えることで、もちろんタンパク質も重要ではありますが、摂り過ぎは避けるようにしてください。

逆に意識的に摂取をした方が良いのが緑黄色野菜になります。緑黄色野菜には食物繊維やカルシウム、ビタミン、葉酸など体に大切な成分が豊富に含まれています。

そして、緑黄色野菜に含まれている成分を無駄なく摂取する方法として良いのがマタニティスープになりますが、野菜は生のままよりも、茹でた方が量をたくさん食べられます。

茹でることによって野菜が持つ成分を無駄なく摂取できることも良い点として挙げることができますし、体を冷やしてはいけない時期ですので様々な利点があると言えます。

マタニティスープが特におすすめの方は、赤ちゃんの為にバランスの取れた食事をしたい方、出産後は母乳で育てたい方、つわりが酷くて食事を摂ることができない方などには最適です。

もちろん、どんな野菜を入れるかによっても成分は異なりますが、欠かすことのできない成分について見ていきましょう。

まずビタミンB群で一種である葉酸ですが、葉酸は赤ちゃんの細胞が増えていく際に必要となる遺伝子を作る役割を担っています。

ですので、妊娠初期に脳や神経、心臓などの様々な部分が生成される際に重要になるのですが、不足してしまうと発育にも悪影響を及ぼします。

マタニティスープに入れると良い、葉酸を豊富に含んでいる食材ですが、モロヘイヤやブロッコリー、ほうれん草、水菜などが葉酸を豊富に含んでいますのでマタニティスープに入れると良いでしょう。

次に発育に欠かすことのできないミネラルの一種である鉄分ですが、これが不足をしてしまうとママが貧血になってしまうだけではなく、お腹の子にも悪影響を及ぼしてしまいます。

鉄分が不足をしてしまうと、成長が阻害されてしまうのですが、鉄分はお腹の中にいる子供に優先的に運ばれるようになっていますので、妊娠中の役3割から4割が鉄分欠乏性貧血になるというデータもあります。

ですので、普段よりも積極的に摂取する必要がある成分ですが、マタニティスープに入れると良い食材としては昆布や海苔、ヒジキなどの海藻類に豊富に含まれています。

他にもアサリやしじみといったスープに最適な食材にも鉄分が豊富ですので、野菜と共に摂取すると良いでしょう。また葉酸が豊富であるとご紹介したほうれん草も鉄分が豊富な食材として有名ですので、積極的に摂取すると良いでしょう。

次に大切になってくる成分ですが、それはカルシウムになります。カルシウムは体内では生成することのできない成分になりますので、食材から摂取するしかない成分となっています。

不足してしまうとママの骨や歯が溶け出してしまい、お腹の中の子に運ばれるようになってしまいます。そうなるとママは肩こりや腰痛を引き起こしやすくなり、さらには高血圧も引き起こす可能性があります。

カルシウムが豊富な食材としては、これも葉酸が豊富な食材でもご紹介をしたのですがモロヘイヤになります。他にも青汁で有名なケールや香草系の大葉やパセリなども豊富に含まれています。

また一般的に良く知られている牛乳もカルシウムが豊富ですので、マタニティスープにするには最適となっていますし、同じような食材として豆乳もマタニティスープにすると良いでしょう。

カルシウムが重要な成分であるとお伝えをしましたが、そんなカルシウムの吸収を助ける成分としてビタミンDも大切な成分となっています。

ビタミンDが豊富な食材としてはマイタケやきくらげなどのキノコ類に豊富に含まれています。ご紹介してきた葉野菜と共にマタニティスープにすると相性が良いです。

このように様々な成分が必要となってくるのですが、これらの成分をバランスよく摂取するにはやはり緑黄色野菜を積極的に摂取をした方が良いです。

しかし、1日に必要とされている野菜の量は350gとも言われていて、これを生はもちろんですが、炒めたりしても中々摂取できる量ではありません。

ですのでスープとして摂取することが効率よく摂取する方法になりますし、また消化にも優しくなりますので、つわりが酷くて食事を摂る事が難しい方であっても食べやすい食事になっています。

このマタニティスープですが、もちろん自分で調理をして作ることもできますが、他にもインスタントのように簡単に作ることのできる商品なども販売されています。

例えば葉酸やビタミン、鉄分、カルシウムといった必要な成分を必要なだけ含まれていて、尚且つ無添加で余計な成分を一切含んでいないような安心安全なものも販売されています。

これであれば、自分自身がどの食材にそんな成分がどのぐらい含まれているのかを知らなくても、バランスの取れた食事にすることができます。

また近年は出産直前まで仕事をしている方も多くいますが、そのような場合には中々規則正しく食事を摂ることも難しいですが、スープであれば空いた短い時間であっても手軽に摂取することができる点も注目されている理由となっています。

もちろん自分で食材を選び、調理をすれば安心安全な食事にすることは可能ですが、中々必要な成分が十分に摂取できているのかを自分で知ることは難しいです。

自分ではバランス良く摂取しているつもりでも、何かが足りていないという事も出てきてしまいます。そのような不安がある方の場合には、すでに出来上がっているマタニティスープを選ぶのも良いでしょう。

また妊娠をすると多くの方が気にするのが体重の増加ですが、これはお腹の中に子供がいますし羊水なども含まれている為、増加をすることは当然ではありますが、それでもダイエットにも気を配る方が多くいます。

そのような方であってもマタニティスープであれば、低カロリーにすることができますので、ダイエットにも効果的になります。

低カロリーでいて、しっかりと満腹感も得ることができますので、妊娠をしている方にはスープは最適な食事と言えるでしょう。

このようにカロリーが気になっている方はもちろん、栄養バランスに不安がある方、体重の増加に不安がある方、つわりが酷くて食欲が出ない方、仕事や家事が忙しくて食事をする時間を確保することが難しい方など、妊娠中に多い悩みの多くを解決してくれるのがマタニティスープになります。