つわりがひどくて食事がとれない?そんな時こそマタニティスープ!

多くの妊婦さんが経験するつわりは、多くの場合妊娠4~5週後に始まり、その後12週間ほど続きます。この間は食欲が落ち、栄養も不足しがちになります。そんな辛い時期を乗り越えるためには、市販のレトルト食品を利用するのがおすすめです。マタニティスープは子育て中のママ、産婦人科、管理栄養士の声から生まれたスープで、栄養バランスに優れ、味もおいしいと評判です。特に、つわりで辛い経験をしたママの声が反映されており、普通の食事が喉を通らない時期でも飲みやすいように工夫されています。この時期は、調理中の匂いで気分が悪くなってしまうケースが多々ありますが、マタニティスープはパウダー状になっており、お湯を注ぐだけなので、簡単に作ることができますし、匂いで気分が悪くなるようなこともありません。そして、注目したいのがマタニティスープに含まれる栄養素です。マタニティスープ1杯には、鉄分、カルシウム、葉酸、ビタミン、食物繊維が豊富に含まれており、不足しがちな栄養素をしっかりと補給できます。葉酸は、赤ちゃんの発育にとても大切な栄養素ですが、食欲を増進させる働きもあるため、つわりの時期に摂取すると良いと言われています。また、気持ちを安定させる作用もあるので、辛い時期に経験する精神的な負担を和らげてくれます。栄養バランスに優れたマタニティスープは、通常の食事と組み合わせることで、1日に必要な栄養素の多くを摂取することができます。ですので、食欲がある時は、通常の食事にプラス一品としてマタニティスープを加えると、栄養たっぷりの食事メニューが完成します。マタニティスープのバリエーションは、ポタージュ系とスープ系があり、全部で4種類です。ほうれん草とじゃがいものポタージュは、葉酸と鉄分が豊富なほうれん草とビタミンCを含むじゃがいものコクのあるポタージュです。とうもろこしと豆乳のポタージュは、とうもろこしの風味が豊かで優しい味わいです。

こちらの記事もご覧ください
妊娠中は食事で悩む!栄養は足りている?空腹を満たすおすすめ食とは?

生姜トマトスープは、体を温める働きのある生姜がさっぱりとしたトマト―プに加わり、アクセントになっています。ガゴメ昆布入り海藻スープは、和風ベースのスープに、フコイダンがたっぷりと含まれたガゴメ昆布や海苔が入っています。マタニティスープの公式サイトでは、これら4種類が入った1ヶ月分のセットをお得に始めることができるキャンペーンを実施しています。通常価格が7,440円(税抜)のところ、初回は86%オフの990円(税抜)で購入できます。このキャンペーンは毎月500名様限定のため、早めに申し込むことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です