マタニティスープは上の子と一緒に飲める?

妊娠中は負担が大きく大変なため食事の手を抜きたいということもあります。
そんな時にオススメなのが、お湯で溶かすことによって作ることのできるマタニティスープです。
幼児がいれば食事にも気を使いますが、マタニティスープは胎児に必要な栄養素を補うことができるように作られているため、栄養豊富で幼児に必要な成分も補うこともできるようになっています。
マタニティスープは妊娠中に飲むだけではなく、出産後にも利用することができます。
出産後は体力が失われて食事を作ることも辛い時があり、母乳を与えるためにも食事の量や質を高めなければならない状態になります。
赤ちゃんをしっかり育てるためにも、母乳は必要なものですが、マタニティスープであれば出産後に必要な成分も補うことが可能です。
マタニティスープはポタージュやトマトスープなど誰にでも飲みやすい味になっているため、上の子も一緒に飲むことができ、つわりが辛いときでもスープになっていることから飲みやすいというのもメリットといえます。
具体的なマタニティスープの栄養素としては、葉酸や鉄分、ビタミンなどが含まれています。
葉酸は妊娠初期に多く必要な成分です。細胞分裂をサポートし、胎児の成長を促すことで先天障害のリスクを下げる働きがあります。子供の成長にも必要な成分になります。
鉄分は赤血球のヘモグロビンの主原料です。ヘモグロビンは酸素を身体全体に運ぶ役割をしていますが、妊娠すると胎児に優先的に運ばれてしまうため母体は貧血になりやすいとされています。子供にも必要な成分で、鉄分が少ないと疲れやすかったり不機嫌になる髪の毛が痛むなどの症状が現れます。
ビタミンは脳の発達や歯の育成、骨の発育などにも影響してきます。もちろん子供の成長にも必要な成分で、カルシウムの吸収を助けるなどの働きもあります。
マタニティスープはこれらの成分を一度に取ることができるため、成長を促したりすることが期待できます。

こちらの記事もご覧ください
妊娠中の食事が産後にまで影響?母乳育児に備える正しい栄養摂取とは?

もちろんマタニティスープは手作りすることも可能です。負担でなければ好きな野菜やキノコ類、ベーコンやウィンナーをコンソメで煮たり、海藻類を中華スープで煮込んだりすることでも作れます。
手作りは美味しいですが、辛いときにはお湯を溶かすだけで作るスープでも十分に栄養は摂ることができます。
ストレスをためないためにもこのような商品を活用し、サプリメントなどを使って1日の推奨量をしっかり摂取していくことが大切となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です