出産後も!授乳中のママにもマタニティスープがオススメな理由

マタニティスープは鉄分やビタミン葉酸やカルシウムがたっぷり配合されているため、妊娠中にぴったりです。
妊娠中はどうしても母体から胎児に色んな成分が移行されるため、しっかり栄養バランスの整った食事を取らなければ母体も胎児も栄養が不足してしまいます。
特に妊娠初期は細胞分裂をどんどん行って大きく成長するのですが、葉酸が足りなければ神経管閉鎖障害やダウン症などを引き起こすリスクが高くなりますし、流産の危険も増えてしまいます。なのでそんなリスクを軽減してくれる意味でも、普段の食生活にプラスしてマタニティスープを飲むと美味しくしっかり必要な成分を補給することができます。
一見マタニティスープは妊娠中だけしか需要がないと思われがちですが、実は出産後から授乳中にもぴったりです。
出産後は体力を特に消耗しているに、授乳も始まります。
母乳は、実は血液から出来ているため血液をしっかり作らなければ貧血になってしまいます。
なので鉄分や、造血ビタミンと呼ばれて血液を作る際には欠かすことができない葉酸がとても重要な成分になります。
これらの鉄分や葉酸はマタニティスープにたくさん含まれているため、授乳中にもぴったりなのです。

こちらの記事もご覧ください
つわりの時におすすめの食べ物ランキング!これがあれば乗り切れる!

また、授乳中にマタニティスープを飲むことは温かい飲み物を飲むことになるので、母乳の出も良くなります。妊娠中も冷えは大敵ですが、出産後も赤ちゃんにおっぱいをあげる際に冷えてしまうと母乳の出が悪くなってしまったり産後の身体の戻りも悪くなってしまいます。なのでマタニティスープを飲むことで体を温めるというのはとても理にかなったことになります。しっかり沢山の栄養素を摂ることもできて、身体を温めることができるマタニティスープはまさに出産後にぴったりなのです。しかも、薄味でカロリーも控え目なので塩分の摂りすぎにもなりませんし、良質な母乳を作るサポートをしてくれます。
妊娠中から授乳中にかけてずっと飲むには飽きてしまいそうだなと思いがちですが、マタニティスープは色んなメーカーから色んな種類のものが販売されているため、自分の好みのものを購入して食生活のお供にしてみると続けやすいです。
育児は忙しく授乳やオムツ替えなどで赤ちゃん中心の生活を送っていると、どうしても自分の食事などは疎かになってしまいがちですが、赤ちゃんのためにも自分のためにも食生活を整える意味で、普段の食事にマタニティスープをプラスすることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です