妊娠中のママが赤ちゃんのために摂っておきたい栄養素とは

妊娠中のママには様々な栄養素が必要となってきます。
具体的な栄養素としては、まず葉酸が挙げられます。
葉酸はほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれているビタミンB群の一種で、細胞を分裂させる働きがあります。細胞をスムーズに分裂させる効果があるため、胎児の脳や神経を作るのに必要とされています。特に妊娠初期から摂取を推奨されている栄養素で、不足すると胎児の先天異常のリスクを高めてしまうため、妊娠前から意識して摂取していきます。
亜鉛は細胞分裂を促し骨や皮膚の生成を運がしたり、免疫力を高める効果を期待することができます。不足するとママの免疫力が低下してしまい病気になりやすくなったり、つわりの原因となってしまいます。
鉄分は、赤血球のヘモグロビンを作る材料になります。妊娠中は鉄分を胎児に取られてしまうため、貧血になりやすいため意識して摂取することが重要です。ヘモグロビンは全身に酸素を運ぶ働きがあり、不足すると酸素不足で動悸や息切れ、だるさなどの症状が現れることもあります。
カルシウムも重要な栄養素になります。胎児の骨を作るために大量に必要になりますが、足りなくなると母体の骨からカルシウムを補うこともあるため注意が必要です。
他にもビタミン類やマグネシウム、DHAなどを積極的に摂取することがオススメとなります。
様々な種類を簡単に摂取するためにはマタニティスープが効果的です。
マタニティスープは簡単ですが、様々なレシピがあるため効率的に栄養を摂取することが可能となっています。

こちらの記事もご覧ください
妊娠中の食事が産後にまで影響?母乳育児に備える正しい栄養摂取とは?

また、温かいマタニティスープを飲むことによって冷えを防ぐことにも有効です。
マタニティスープのレシピとしては、人参や大根、キノコ類や玉ねぎ、ウィンナーやベーコンなどをオリーブオイルで炒めてコンソメで味付けしたものや、トマトを入れたり、生姜やにんにくを入れるなど様々なアレンジができるのがマタニティスープの特徴といえます。
妊娠中は薬などを使うことはできないため、なるべく体温を上げて免疫力の高められるマタニティスープを飲むことで、風邪などの予防につながります。
また、マタニティスープをお湯を溶かすなどして作ることのできる栄養機能食品なども販売されています。
ただし、マタニティスープだけで栄養の推奨量を摂ることは難しいと考えられているため、サプリメントを併用することによって1日の推奨量を簡単に補うことができるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です