【マタニティスープで摂れる栄養素】ビタミンDの特徴と働き

妊娠中にビタミンDが不足してしまうと、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群にかかるリスクが高くなってしまいます。
また、カルシウムの吸収を助ける働きがあるのも特徴です。
また血液中のカルシウム濃度を一定に保つ働きがありますが、胎児は母体からへその緒を通じてカルシウムを摂取しています。血中のカルシウムが胎児に送られるわけですが、それが足らなくなると、ビタミンDが尿から出ていくカルシウムを制限したり、骨からカルシウムを溶かしたりして血中濃度を安定させているのです。
なのでカルシウムととても深い関係があるのです。
しかも胎児は妊娠中はへその緒を通じてカルシウムを補給しますが、産後は母乳を通じて補給するため、カルシウムが絶えず必要となります。なのでビタミンDも同時に必要となるのです。
こういった栄養素を意識して摂取しようとしても、なかなか効率的に摂取することは難しかったりします。
こちらの記事もご覧ください
妊娠中は食事で悩む!栄養は足りている?空腹を満たすおすすめ食とは?

そんな時にお勧めなのがマタニティスープです。
マタニティスープは妊娠中に必要とされる鉄分や葉酸、ビタミンやカルシウムといった栄養素をバランスよく配合されているため、毎日摂取すると手軽に栄養を補給することができます。
また、マタニティスープは薄味で作られているため、塩分が控え目なので妊娠高血圧症などを防ぐことができます。
食事面で栄養バランスに気を付けなければならないとプレッシャーに感じることも多いですが、なかなか思うように栄養バランスに気を遣った食事を取ることはできません。なのでマタニティスープは、普段の食事に一つ加えるだけで戦力になってくれるのです。
マタニティスープの特徴は、栄養バランスが良いことが挙げられますが、身体を冷やすことで流産やお腹の張り、母乳の出が悪くなるといったリスクが高くなることを考えると温かいマタニティスープを飲むことで体を温めることができればそういったリスクを回避することもできます。
ビタミンDは紫外線を浴びることで体内で作り出されますが、紫外線を浴び続けることは健康面から考えてよくありません。なのでキノコ類や魚を積極的に摂らなければなりません。でもやはり限度もありますし、毎日必ず食べなければと思えば思うほどストレスになります。
そういったことから、マタニティスープで足りない分を補うことができますし、マタニティスープ自体がたくさんの種類があって飽きがこないので、自分の身体と赤ちゃんのために毎日続けることがお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です