【マタニティスープで摂れる栄養素】カルシウムの役割

妊娠するとホルモンバランスが乱れたり、血流量がいっぺんに増えるため身体は一変に変化します。
妊娠前は全く何でもなかったことが、妊娠すると色んな影響を受けたりします。
また、妊娠中に必要な栄養素は一変に増えます。妊娠前までは何の気なしに食べていた食事がとても重要になってくるのです。葉酸やビタミン鉄分などが特に重要な働くをしますが、もう一つとても重要なのがカルシウムで脳を活発にし、骨の主成分となる働きがあります。
体内で自分で作り出すことが出来ない成分なので、どうしても食べ物から摂取しなければならないのが特徴です。
血液中のカルシウムは一定の濃度にいつも保たれており、身体の機能の調節に関わっています。
でも、妊娠すると母体だけでなく胎児も骨や歯を作っていくためそちらへへその緒を通じて、どんどん移行していきます。なのでしっかり食事から補給しなければ、胎児の発育が優先されるため、母親の髪はぬけやすく細くなりますし、歯も脆くなります。また妊娠中よく爪が欠けやすくなるのはこのせいです。
血液中のこの栄養素が不足してしまうと、骨から血液中に供給していきます。なので、骨から出て行った分をしっかり食べ物で補わなければ、骨はどんどん脆くなってしまって危険です。
そしてこの栄養素は産後も非常に重要となり、妊娠中以上に摂取しなければなりません。授乳中は赤ちゃんがたくさんの母乳を飲むため母体はたくさんの母乳を絶えず作り続けなければなりません。
この母乳の中にもカルシウムがたくさん含まれていますし、血液中に足らなければ骨からどんどん溶けでています。と
そんな重要な栄養素を補給するのにとてもお勧めなのがマタニティスープです。
妊娠中は意識して栄養素を摂取しようとしても、なかなか思うようにバランスよく食事を摂取できなかったりしますが、マタニティスープを普段の食事にプラスすると、しっかり栄養素を補給することができるので安心です。
マタニティスープにはカルシウムだけでなく鉄分やビタミンや葉酸が豊富に含まれているのが特徴です。なのでつわりで思うように食事を摂取することが出来なかったときや、ジャンクフードをドカ食いしてしまったときなどにとても重宝します。
マタニティスープを飲むことで体を温めることができるので、冷えが大敵のマタニティライフにはぴったりです。
また、マタニティスープは妊娠中から産後まで長いスパンで利用することができるのですが、色んなメーカーから色んな種類のマタニティスープを販売されているため飽きがきません。
そしてマタニティスープは薄味で塩分が控え目なので、食事を邪魔することなく美味しく飲むことができるのもお勧めポイントです。美味しく手軽に栄養補給ができるマタニティスープで赤ちゃんも自分の身体も守ってみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もご覧ください
『妊娠糖尿病』とは!赤ちゃんへの影響は?産後の体はどうなる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です