【マタニティスープのおすすめポイント】ママと赤ちゃんに嬉しい栄養がぎゅっと!

妊娠中は様々な栄養が必要になってきます。
そのため、食事を見直すことが必要ですが、効率的に栄養を摂取したいという場合にはマタニティスープがおすすめです。
マタニティスープとは、妊娠中に必要な成分がたくさん入っているスープになります。スープであることから食欲がないときにでも摂取しやすいというメリットがあります。
マタニティスープは自分で作ることもできますが、忙しい時には手軽に飲めるものとしてお湯を注いでかき混ぜるだけでできる商品も販売されています。
このようなマタニティスープには赤ちゃんの成長に必要な成分が含まれており、効率的に摂取できます。
マタニティスープに含まれている成長に必要な成分としては、まず葉酸が挙げられます。
妊娠初期に赤ちゃんの神経管は作られます。この神経管は約28日で閉鎖して発達するにつれ脳や脊髄になりますが、この部分に障害があると先天障害となってしまいます。葉酸は細胞を作るのに必要なビタミンで、摂取することによってこの障害のリスクを減らすことが可能です。

こちらの記事もご覧ください
妊娠中の食事が産後にまで影響?母乳育児に備える正しい栄養摂取とは?

妊娠中は鉄分も必要になるため、マタニティスープに含まれています。
鉄分は赤血球のヘモグロビンの主成分となりますが、妊娠中は赤ちゃんに優先的に鉄分が運ばれるようになります。そのため母体のヘモグロビンが減ってしまい、酸素が行きわたりにくくなることで頭痛やめまいなどの症状が出るほか、赤ちゃんにも影響を与えてしまいます。
カルシウムも重要な成分です。赤ちゃんの骨や歯の生成をするために必要で、不足すると母体の骨や歯に蓄積されたカルシウムを使って補うようになり、母体の骨密度が低下してしまいます。
その他、ビタミン類も免疫力などを低下させないためにも必要な成分になります。
このような成分をマタニティスープであれば効率的に摂取することができます。味も幾つか種類があるため飽きずに食べることができます。
もちろんマタニティスープは自分で作ることも可能です。大根や人参、玉ねぎ、キノコ類など好きな野菜やベーコン、ウィンナーなどを入れてコンソメで味をつけたり、海藻と中華スープを合わせるなど自分好みに作ることが可能です。
ただし、マタニティスープだけではなく食事全体に野菜を取り入れていくことも大切となります。
また、これらの成分の1日の推奨量を摂取するには、サプリメントを利用することによって効率的に推奨量を摂取することができるため併用することもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です